丁寧な施術で
痛みもなく治療ができる

歯の問題

名前通り歯医者さんになります

現代社会では医療の発達により、色々な医療分野が存在します。 そして日本でもそれは同じで、色々な科が存在します。 外科から内科に始まり、更に細分化されていく医療分野の在り方になります。 今回の記事の題材は、そんな医療分野の1つである「歯科」になります。 歯科、これは文字通りの意味で歯医者さんを意味する医療分野の病院が門構えをする科になります。 現代社会に限らず、日本は古い時代から虫歯が大敵であると言われてきました。 日本で有名な武将の多くが、虫歯の悪化で早くして死亡したという言い伝えがある程に、慎重に取り扱わなくてはならない分野です。 そんな医療分野であり、歯の病気とはあまり聞き慣れない分野でもありますが、必要な医療分野でもあると言えます。

どの様な歯の病気があるのか

日本では有名な歯の病気と言えば、親知らずの虫歯や歯周病などの病気です。 親知らずの虫歯とは、奥歯が歯肉(歯肉弁)と重なってしまいる状態なのに、その奥歯の親知らずが歯肉の内側で虫歯になっているケースなどを指します。 これは抜歯などをする事が推奨されます。 でないと虫歯が悪化して菌が神経に侵食して大変な事になる場合もあります。 何より親知らずなどは、場合によっては20代前半の内に抜歯する事が大切と言われており、それだけ親知らずに関連する歯の問題などは、個人によりけりではありますが、多くあるのです。 歯医者さんの仕事とは、そんな個々人の患者の状態を精査しつつ、必要な処置と相談を患者側と行っていく仕事である事、その場が歯科という医療現場であるという事、それが歯科医院の役割でもあると言えます。