丁寧な施術で
痛みもなく治療ができる

歯の治療

料金が高額なことがインプラント治療の問題点

インプラントは、失った歯を補う治療法です。インプラント治療で補った歯は、形状・機能共に天然歯と同等レベルです。これは、入れ歯やブリッジといった従来の治療法では実現が困難なことです。入れ歯やブリッジは構造上の問題から、どうしても歯の機能を再現することは困難なのです。ですから、インプラントは失った歯を補う最善の治療法なのです。 ただ、インプラントには、料金が高額だという問題があります。料金は相場では、1本30万円程度してしまうのです。料金が高額な理由は、ごく僅かな治療しか保険の適用が認められておらず、そのため、ほとんどの治療が保険適用外で行われているからです。 そこで、インプラント治療を受ける際には、医療費控除を受けることが一般的となっています。

医療費控除の概要、及び注意点

医療費控除とは、所得控除の1つです。1年間に医療費の支払いが10万円(所得金額等の総額が200万円未満の場合は、所得金額等の総額の5%)以上ある場合を対象とし、納める税金の一部が免除されるというのが医療費控除です。ですから、医療費控除を受ければ、料金の支払いが軽減されることはないのですが、税金の面で優遇されますから、結果、料金が軽減されるのと同じ状況になるわけです。 医療費控除は、確定申告の際に申請することとなります。ただ、医療費控除の対象にはならないインプラント治療もありますから、注意が必要です。医療費控除を受けることを前提にしてインプラント治療を受けるのならば、そのことを事前に歯医者に伝えておくべきです。